よく登場するサボテン

花が少なくなった我が家のベランダで目立って咲いてるブーリー。何度も登場しています。
マミラリア属ですが小花ではなく大きな花を咲かせます。まぁまぁ大きいのに3日は咲きます。
一般的なマミラリアの育て方で特に問題ないようで安心して見ていられます。
170725CA3J0070.jpg

花はキレイでカワイイんですが、花がない普段はこのボディ。ごく普通のマミラリアですね。
170725CA3J0072.jpg
サボテンボデイの好みは人それぞれですが、私はマミラリア好きです。
このムチムチと刺が(調子良さそうと思える時に)イイネと嬉しくなります。
手探りで育てているサボは安心できません。そんな時にマミラリアを見るとホッとします。

育て方が分からない代表選手 ギルバ!!
170725CA3J0080.jpg
蕾があったらえーなー思ったモケモケの下には何も無さそうですねぇ。
体の色は赤玉土と同じなので土の上の転がった綿毛を育てているように見えたり。
ギルバの他に、白条冠やギガンティアなどのディスコカクタス属が手探り管理中です。
それに続いてコピアポアも分かっていないのに育てています。
結局サボテンの事、何も分かっていない私です。


ギムノカクタス属のビレッキー   属は違うけどマミラリアと同じような安心感があります。
170725CA3J0081.jpg
170725CA3J0082.jpg


今日はいつもより属名を沢山書いたので、属についてちょっと思う事を。

他の方々が育てているサボや商品として陳列しているサボを見て名札を確認する前に、何属か当てるクイズを自分でする事があります。
マミラリアは分かりやすい方ですが、ギムノカクタスやエスコバリア ツルビニカルプスなどの属はどれも似たような雰囲気で統合・独立、あっちこっちふらついてる印象。実際よくハズレます。
コリファンタも象毛丸は分かりやすいけど熱砂丸は分かりませんでした。
まぁそれを言い出すとマミラリアかて「コレほんまにマミ?」と思う容姿のサボテンもいます。
この辺の事情は私にはややこしく難しいし歴史を知らないので「え!そうなんや」で終わります。

まとめ:属は複雑で多く広く深いな~と思っている。だから当てずっぽうで当たると結構ウレシイ



↓↓↓私が参加しているランキングサイトへ飛びます。いろんなブログ(植物情報)揃ってます。
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ     にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ     にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ    


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん茶

Author:じゅん茶
ピントが合ってない写真、多いです(^_^;)

月別アーカイブは古いページ順に表示されます。その他は新しい日付順です。





サボテン関係ないけど、音楽はmuse・昔のリンキン・オフスプリング・モーツァルトが大好きです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ