コンテントヘッダー

私に付き合う南蛮玉2019


私はディンテランサスの管理が苦手で春~夏に溶かします。なのにこの南蛮玉は夏を越せました。これはすごい事です、私じゃなくてこの南蛮玉が頑張りました。うちに来てもう直ぐ1年。この1年間の成長・変化をここに纏めます。




2018年11月末。郵便で届いたけど到着してると気付かず開封が遅れる。多分発送から10日以上、暗い封筒の中でジッと耐えてた南蛮玉(とホルテンセ)
nanban181128CA3J1246.jpg
記録としてお尻も撮った。根だしに成功するのか激不安。
nanban181128CA3J1232.jpg
撮影後すぐに2号鉢に植えた。埃と微塵を取る目的でタップリ水を掛けた。
nanban181128CA3J1267.jpg

翌日。暗いトコで過ごしてたから慣れるために少しの時間だけ日光浴。
nanban181129CA3J1283.jpg

約1ヵ月後の、2018年12月24日nanban181224CA3J2466.jpg
このシワに成長の勢いを感じる。
nanban181224CA3J2465-2.jpg

2019年1月8日
nanban190108CA3J2902.jpg

同月29日 画像粗かったりピント合わなかったり。ガラケーカメラの限界か。
nanban190129CA3J3818.jpg

2019年2月12日
nanban190212CA3J4455.jpg

同月27日
nanban190227CA3J0327.jpg

2019年3月21日  前の写真から1ヵ月経つけど、動きが見えない。
nanban190321CA3J2047.jpg
台座に載ってるようにみえる、メタボな新生はっぱ。
nanban190321CA3J2049.jpg

2019年4月7日 古い葉はちょっと見えてるけど、だいぶ枯れて縮んだ。
1904-0CA3J3457-2.jpg

2019年5月6日 古い葉の存在に意味が無くなり根元がグラつきだした。
1905-0CA3J6146.jpg
1905-0CA3J6148.jpg

初めて手にした日と比べると6ヵ月でだいぶ太って背も伸びた(徒長と思う)
※クリックかタップで画像は大きくなります
1905-0CA3J6148 (2)
ネットに上がってる画像と比べるとウチのは常に口元に締まりがない。

2019年6月26日  根元がグラつくからか、傾いてきた。
nanban190626CA3J9896.jpg
今年の6~7月は暑くなかった。水やりを霧吹き変えたのは7月中旬から。

2019年7月26日 2枚の葉は若干サイズが違う。重い方に傾いてる。
nanban190726CA3J2218.jpg

2019年8月14日 口元が少し開いた気がしてこの4日後にサッと水を掛けた。
nanban190814CA3J0607.jpg

同月25日  水やり1週間後の写真。水を吸ったからか急に動き出した。
nanban190825CA3J0912.jpg

2019年9月13日  深い闇が広がる・・・。
nanban190913CA3J0683.jpg

同月29日  最近は水をやった日に写真を撮ってる気がする。
nanban190929CA3J0416.jpg

今後、も少し深い鉢に植え替えたり
11月の様子を追記で載せたらこの記事は終了です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 追 記 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10/18 植え替えます。
1910-1CA3J1847.jpg

2.5号?深い鉢に植えた。土の配合はその都度違う・・・ゴメンナサイ。
1910-1CA3J1931.jpg
土の微塵をふるいにかけてないから水をたっぷりかけて洗い流したつもり。黒プラ鉢に植えたくなかったけど深さや幅を優先してこの鉢になった。

次に載せる時、まだ元気そうな姿ならいいけど・・・。



私と同じように、この頒布苗セット(ホルテンセ×2・南蛮玉×1)を申し込んだ方々の南蛮玉は今頃どんな様子なのでしょう。☆になった苗もあるでしょうし元気にしてる苗もいるでしょう。もっと兄弟の様子を見られたらいいのに。
因みにうちのホルテンセは7月と10月にひとつずつ順に旅立った。
コンテントヘッダー

ラウイ起きる


ラウイもいろいろあるけど今日のラウイはエキノマスタス属。
1910-1CA3J1533.jpg

夏、刺の成長は止まってたけど 今月に入って動き出した。
1910-1CA3J1534.jpg

去年10月8日、日本シャボテン大会の廣仙園さんブースで買った。
今年の大会は明日。また面白いのがズラッと出るんやろな・・・
でも台風の影響は大丈夫なんやろか?

話を戻してラウイ。1年観察して刺の出る時期が分かった。
休むのは5月~9月。起きてるのは10~4月。(うちの環境と管理の場合)
1910-1CA3J1535-2.jpg

去年はこのラウイと一緒に、高額コノフィツム(ミルクマン ニュータイプ)も買ったけど丁度1年経った一昨日、溶けてるのを発見。
うーん・・・・・・1年楽しませてもらったと思う事にしよう。
去年、他にはカルキュラス ブルゲリ 黒斜子を連れ帰ったけど今のところドレも元気。よかった。

1年経つのが早い。



昨夜、台風19号が東日本に上陸、もう抜けたけど被害は全く解決しそうにない。広範囲に東北の方まで。

近畿も影響あると思ってベランダ撤収してたけどピーク時は最大瞬間風速11.1で(それも結構キツイけど)思ってたよりも吹かなかった。北風やったってのもある。去年の21号(最大瞬間47.4 南南西)の恐怖記憶が強すぎたね。
それでも風の音だけはずっと止まらずうるさいし、関東エリアの事を思うと恐怖を感じた。
今日はベランダ掃除と秋冬向けの棚移動と家に入れてたタニサボを出した。



↓↓参加中のランキングサイト。いろんなブログ(植物情報)揃ってます。
  にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ             にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

コンテントヘッダー

黄微紋玉の蕾


今日は黄微紋玉の蕾に気が付きました。
リトの花はどれも似たようなものなのに私は黄微紋玉の花が好きです。


黄緑色のリトープスが黄微紋玉。左下の茶色いのが普通の微紋玉。
1910-13CA3J1580.jpg
右の、点々がくっ付いてるような模様のリトはグラウディナエです↑↑↑

黄微紋玉は白花 茶色の微紋玉は黄花です。
いつも黄微紋玉が先に咲きます。同時に咲いたら良いのにね。


蕾の模様は体と同じ。分かっていても不思議です。
1910-13CA3J1585.jpg


茶色の微紋玉もそのうち動きだすかな。
1910-13CA3J1582.jpg


グラウディナエの開花時期は早かったっけ?遅い方?・・・去年咲いたっけ?
1910-13CA3J1583.jpg



微紋玉たちはいつも元気いっぱいってワケじゃなくて
去年は調子悪くて咲きませんでした。


去年の10月はこんな感じ。夏に辛い環境の中過ごして気を失う寸前です。
181020CA3J1579.jpg
前の年に分頭して2頭やったのに残暑でひとつ溶けました。

下の写真も同じく去年10月。ただれた黄微紋玉と、お疲れグラウディナエ。
181020CA3J1582.jpg
この年は、グラウディナエも咲きませんでした。

その2ヵ月後の12月に脱皮し始めたので体力あると判断し植え替えました。
181220CA3J2416.jpg

そして今があります。植物はすごいね。逞しい。


↓↓参加中のランキングサイト。いろんなブログ(植物情報)揃ってます。
  にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ             にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

プロフィール

じゅん茶

Author:じゅん茶
プロフィール写真は何年か前に行った陽春園サンとこの喫茶メニューのひとつ(^。^*)

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
検索フォーム
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ