コンテントヘッダー

ドタバタはしご


世間が一般的に3連休やったころ、私は2日外出しました。
花の文化園
1810IMG_5792.jpg

良い天気で秋の空を満喫しました。

1810IMG_5789.jpg
温室には入ってないからまたいつか、近いうちに入ってみたい。

コスモスが咲いていました。
1810IMG_5803.jpg


アルギロデルマ属を持って帰りました。金鈴死亡したし心機一転です。
181000CA3J1169.jpg
名前はあるけどソレはまた今度載せようと思います。
実は側面にちょっと傷。
181000CA3J1180.jpg
これが今後の成長にどう影響するのかしないのか興味があります。


シャボ大会にも行ったし植木市もハシゴしたし熱中症になりかけた。
それでも楽しくて
火曜から仕事とかほんと信じられないという思いでため息交じりの帰宅。
1日があともう10時間くらい長かったら、姫路に行きたかった。
というか姫路・・・うっかりしてた~~~~~~~~~~~~~~~
思考が連結してないというか閃きが足りないというか
もっと上手く計画立ててたら行けたやろうに・・・あぁ~~~~~~
うーん、疲れてたんでしょう。




追記
1810-2CIMG2947.jpg

写真を貰ったので載せちゃう。同じ日に敷地内のバラ園?で咲いてたバラ。
私あんまりバラには興味がないけどコレはキレイに撮れてるな~と思って画像を貰いました。


コンテントヘッダー

小さなトゲ


オロヤ属ミニマ     中心から刺が出てきました。
181000CA3J1238.jpg
側面は焦げてしまったけどなんとか持ちこたえてる?


名無しマミラリアも可愛い刺が出てます。
181000CA3J1243.jpg
急に思いついたんやけど、この名無しマミラリア、白鳩丸ですかね。
似たようなのが1号鉢で売られてました。


パラグアイエンセ P447  これも小さな新刺発見です。
181000CA3J1245.jpg


翠晃冠錦  赤いっ!黒い部分も・・・紅葉にしては早くない?水不足かな。
181000CA3J1234.jpg
このあとそっとたっぷり水をやってみました。
でもこれはカキコ。根が無いのに、水タップリは止めた方が良かったのかもしれない(;''_'')ゞ もう発根してるんならいいけどなぁ。



コンテントヘッダー

魔玉焦げる



あ~~~可愛いし、葉の数も多かったのに、魔玉ミニが焦げていました。
181000CA3J1263.jpg
しかも2番目に新しい葉まで傷んでしまって、これは結構ショック。
太陽の角度は日々傾いて伸びています。いつもと同じ場所に置いてても危険なのに、場所を変えた時は要注意です。なんで場所変えたんやろう・・・。


コノフィツム ムンダム。脱皮して1頭増えた。
181000CA3J1282.jpg
かわいい~~~


桐つぼ 
181000CA3J1288.jpg
桐壺の旧皮は非常に薄く、クロワッサンの層のよう。
脱皮の手伝いは非常に繊細な作業で、雑な私はピンセットでかなり刺した。
でも生きてるから、まいっか。来年は何かしらの策を考えよう。
※脱皮は終わってるけど数は増えていないと思われます。




コンテントヘッダー

秋、蓬莱宮目覚める


寒い日が少しずつ増えていき、蓬莱宮が動き出しました。
蓬莱宮ってマミラリアですよね?マクドガリーのような体の色です。

181000CA3J1261.jpg

動いた言うても別に眠ってる時期はありませんでした。ただ蕾は寝てるように静かやったから「あ、起きた」って思えました。徒長したようにも見える蕾、今月中に咲いて欲しいな。去年も今年も花は見ていないので楽しみです。


ちなみに・・・今年の7月に2輪咲いたと思われる、当時の蓬莱宮の姿。
18070CA3J7710.jpg
夏と秋に2回咲くのかな。




コンテントヘッダー

最近の購入品とうちのメセン



ギバエウム 銀光玉  今年の1月に買って10ヵ月目に突入です。
181010CA3J1363.jpg
綺麗な色。つるんとしたボディも素敵・・・と言いたいトコやけどうちの銀光玉は直ぐしわしわになって・・・というかずっとシワシワなので心配です。
もっと水をあげた方が良いのかなぁ。腐ったらイヤやからビビる。


ところで似たような色のコレ。先日のシャボテン大会で見かけ育ててみようと手にしました。これ難しいそうです。銀光玉より厄介なのか・・・
その名はcalculus・・・ネット上では「カルキュルス」もhitしますがここではカルキュラスとします。翡翠玉とも呼ぶみたいです。
181010CA3J1350.jpg
周りのツルツルした石は支えです。この苗、根が1本ほそーーーーーーいのがタラ~~~~~ンっと伸びていて今はまだ自身を支えていられません。この石が無かったらコロンと転がって倒れてしまいます。


ブルゲリ これも大会で売ってました。とうとう我が家に来ましたよ。
181010CA3J1361.jpg
どうしよ。
まん丸と思ってたけど円錐という話も聞きます。小さなうちは円錐なのかな。これもカルキュラスと同じでほっそい1本の根がスッと下へ伸びています。なのでグラグラ。栽培が難しいというのはこの根を見て分かる気がしました。


そしてコレも大会で見つけました。高値でした・・・たぶん私が今まで買った植物の中で一番高額で、やってしまった感がありますが買わずにはいられませんでした。
181010CA3J1352.jpg
マーベルス(またはマーベラス)・ミルクマンの新しい種?って言うてはったような?名前を付けなきゃ呼べないので・・・ミルクマンニュータイプと名札に書いてもらいました。そのまんまですが(笑)
ミルクマンは本来血管のような模様があるみたい。でもこれにはありません。
血管系よりツブ系を先に手に入れたけどそのうち血管系にも出会ってみたい。
でもふたつ並んでたらこっちがいいと思う気がする。好みの問題かな。


サボテンも買ったけどそれはまた次の機会に。



おまけ
小さなリトープス  地味~な朝貢玉と、おちょぼ口のメノウ玉です。
181010CA3J1356.jpg
地味にカワイイ。


シャボ大会では展示品もずらりと並んでいました。
181010IMG_5588.jpg

かわいいサボテンいくつか撮りました。
181010IMG_5568.jpg
ひとつの鉢に3つも!
181010IMG_5570.jpg
名札が無かった気がします。安定した美しさ。
181010IMG_5572.jpg
つやつやツルピカ~
181010IMG_5567.jpg
群生の中心はどうなってんの?
181010IMG_5589.jpg
これは?名札を見忘れました。竜剣的な・・・近いなにか?

ここからは販売品。
181010IMG_5611.jpg
陽炎  これ、難しいらしいですね。
181010IMG_5680.jpg
兜のイロイロ。値段はひとつひとつ違ってました。
181010IMG_5686.jpg
メキシ・・・なんやったっけ。テキサ・・・とにかく渋い色。
栽培環境が同じならいつかうちの烏羽玉と並べて育ててみたい。


会場内は混んでたけど去年よりは少なく感じました。
大会関係者の方が「配置を変えたからかも」と言ってました。
売り場レイアウトを少し変えて去年より通りやすくなったのかな。
去年の混みっぷりが結構しんどかったから今年はどうしようかと悩んだけど行ってよかったです。毎年細かなところを変えていってるんでしょうねぇ。
181010IMG_5633.jpg



コンテントヘッダー

ダイソーマミラリアに赤い実が


昨日見たか覚えていません。でも一昨日はありませんでした。
今日天気が良かったからでしょうか、赤い実が飛び出していました。
【名無しダイソーマミラリア】
181010CA3J1409.jpg
春が終わる頃、咲き終わった花ガラをピンセットで取ろうと試したけど取れませんでした。なら仕方ないと放置してたら秋になってこの赤い実です。わ~~と気分が上がりました。別にだからどうするって事もないけど(笑)

1804CA3J3659.jpg
※これは半年前の4月に咲いた時の様子
写真で違いを比較してなかったから気付かなかったけど結構成長したのね。


蓬莱宮は花弁が開きかけていました(閉じかけなのかも?)
181010CA3J1410.jpg
これまた「わっ!」って結構驚きました。
明日、咲いてる所をちゃんと見られるかな?どうかな?


マミラリアじゃないけど・・・ちょっと獅子王丸を。
獅子王丸は普及種ですか?これはお気に入りのニシキくんです。
181010CA3J1325.jpg
この獅子王丸錦は冬になったら死相が出ます。
今のうちに元気に、やり残す事の無いようエネルギー満タンにしといてな。
・・・私次第ですかね(''、'';)ゞ



コンテントヘッダー

今日は種を蒔きました


種を蒔きたいけど容器が無い と先送りにしていました。
でも先日100均に寄る機会があったのでとうとうタッパーを買いました。
それまでは食べ終わったデザートの容器を洗って使ってました。
今回はどうせ1つじゃ足りひんし無理して中身を食べるならその値段分容器を買おうと思ったわけですが、同時にいよいよやる気になったな・・・と自分に笑ってしまいました。
因みに耐熱性のないタッパーなので熱による消毒はしません。


帝玉1輪と紫帝玉2輪咲いたのでその種を蒔きます。
写真は紫帝玉♀×帝玉♂です。あとは帝玉♀×紫帝玉♂と、父親不明の謎の種。
181010CA3J1422.jpg

タッパーをエタノールで消毒した後
ゼオライト→培養土→燻炭→赤玉土細粒の順に入れて(←けっこう適当)
181010CA3J1423.jpg

霧吹きでタップリ湿らせてから種をパラパラと・・・
181010CA3J1427.jpg
最後に
濃度200ppm,Ph:6の次亜塩素酸をかけて蓋をしました。
すぐカビると思うので暫くはカビを目がけて次亜塩素酸をかけ続けます。


これにも種を蒔いてます。この容器のサイズは上の容器の2倍です。
デザート容器を使ってた時のクセ?で結構土をギリギリまで入れてしまいました。おい!タッパーの蓋は平たんやぞ!というワケで容器をトントンして土を軽く圧縮しようとしたら表土に培養土が出てきてしまいました。
181010CA3J1394.jpg
左:大豪丸 真ん中上:世界の図×短毛丸 真ん中下:雪晃 右:MIX
これは先日、河内長野の即売会で出会った御方から戴きました。
ありがとうございます。

実生はフライレアしか生き残らない私ですが(殆どが発芽もしない)
楽しみが増えました。


コンテントヘッダー

8ヵ月の年齢差、士童とバイエンシス



ツーショット でもピントはバイエンシスに合ってます。
181010CA3J1465.jpg

この二つの苗は8ヵ月の年齢差があります。
人間も大人になったら8ヵ月差なんて大したことないけど幼い時には目立ちます。でもこのサボテン達のサイズ差はどうでしょう(;''∀'')?


士童は今1年2ヵ月(2017年8月生まれ)
181010CA3J1461.jpg
PCなら、画像をクリックしたら結構大きな画像になります。
マクロレンズなしで撮れるサイズになりました。

バイエンシスは発芽後5ヵ月経ってわが家に来ました。
181010CA3J1459.jpg

これは2017年5月のバイエンシス。うちへ来た時です。2016年12月生まれ。
IMG_7753.jpg

私の知らない発芽~5ヵ月の取り扱いがこの差をつけたのかも。魔法?
更にこのバイエンシスの兄弟は今ごろ別の地でもっともっと大きくなってると思います。うちはスローペースですねぇ 面白いです。

冬が終わる頃、士童を植え替えようかな?一度も土を変えてないからねぇ。
バイエンシスもギュウギュウやから植え替えよう。そうしよう。

プロフィール

じゅん茶

Author:じゅん茶
プロフィール写真は何年か前に行った陽春園サンとこの喫茶メニューのひとつ(^。^*)

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
検索フォーム
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ