コンテントヘッダー

実生帝玉の様子と今日の開花リトープス


最初に・・・
うちの実生っ子ちゃん達は帝玉に限らず皆、ウネウネウネウネ大徒長です。


こちらは紫帝玉から取った種ですが、帝玉の花粉と交配してます。
181110CA3J0745.jpg
あとからあとから発芽するので大きさが揃っていません。
でもみんな、先輩の後を追って徒長します。

こちらは一応仕切りらしきものがあるので区別すると、
右の広いエリアが帝玉の種(花粉は紫帝玉)
181110CA3J0743.jpg
左のエリアは一応、父親不明の紫帝玉の種を蒔きました。自家受粉と思います。仕切りはポイっと置いてるだけなので種が水で流れていったかも。
辛うじて今はコレはドレ って分かるけどその内分からなくなると思います。

少しずつ、紫色になってきました。
緑のまま育つ苗もあると思うけど今のところまだ不安定で何とも言えません。





リトープス。
今日は紫李夫人が咲きました。今年初です。
181110CA3J0756.jpg
右奥で咲いてる李夫人の白花と比べると花粉の色が違います。
紫李夫人の花は今までも何度か見てますが、いつも綺麗で真っ白な花という印象でした。でも今季、李夫人の花を見て異様に花が白過ぎると思ったのは、この花粉の色のせいだと分かりました。


ディウティーナも開花。
181110CA3J0760.jpg
おめでとう。




スポンサーサイト
コンテントヘッダー

ギバエウム3種


無比玉が元気です。
181110CA3J0659.jpg
中から蕾か新芽が出てきそう♪って思ってマメに様子を見てました。
最近やっと顔を出してきました。どうやら新芽のようです。

古い葉がバリッと割れてる。
181110CA3J0660.jpg

他の葉もパンパンに膨らんで今にも飛び出してきそう。
181110CA3J0667.jpg

181110CA3J0668.jpg
ふわふわしたお肌。かわいいです。

無比玉はストレスフリーで見ていられるけど
こちらのふたつのギバエウムは見ててちょっと辛い。

銀光玉  あいかわらずシワシワ。水をやってもシワシワ。
181110CA3J0669.jpg
別角度から見てもシワシワ。そりゃそうですよね。
181110CA3J0670.jpg


銀鯱  3頭あったのにひとつ枯れた(;''_'')ゞ
181110CA3J0674.jpg
少し角度変えて撮った。去年の花ガラはあるけど今年は咲かない気がします。
181110CA3J0675.jpg



ギバじゃないけど、銀光玉のそばで過ごすポリアンドルム。
根を出したい一心で土を湿らせています。
181110CA3J0590.jpg
4番が枯れていってる。手前左の2番も心配。
手前右の1番と、2番の後ろの3番は今のところ大丈夫そう。
もう根は出てるんかなー?



コンテントヘッダー

真っ白すぎる李夫人の花と繭型玉


李夫人。純白の花です。11/8から咲き始め日に日に花弁が長くなってます。
眩しくて写真に写りません。ここまで暗くしてようやくです。181110CA3J0477.jpg

繭型玉(L.marmorata v.marmorata)のひとつ、ディウティーナ。緑色の体。
181110CA3J0480.jpg
黄花のディウティーナと白花の李夫人が一緒に咲く姿を見てみたいけど
181110CA3J0478.jpg
これはもう少し時間がかかりそう。

去年の11/17のディウティーナ。今と比べるとちょっと弱そうな感じ。
171117CA3J0355.jpg


こちらも繭型玉。
181110CA3J0481.jpg
李夫人はピーンと咲いてるけど・・・こちらは最初からべちゃっとしてます。
181110CA3J0482.jpg
でもこの花、夜にはピタッと閉じます。すごい腹筋。

一昨年より去年・去年より今年と、毎年少しずつ水やり回数が増えてます。増やして良かったと思ってるけどその分たくさん太陽に当てないと・・・という反省点も。
コンテントヘッダー

疲れ知らずのリトープス


先日載せたヘンテコりんリトープスの写真について、なんやかんやでちょっと分かりにくいとのご意見をいただきました。
え?そう?そうかなぁ?って事で、撮りなおしてみました。

どうよ!
181110CA3J0261.jpg

旧皮を取り除いて、軽石を少し掘ってから撮っただけ。
181110CA3J0262.jpg

うーん・・・リトープスの帽子を被ったブルゲリのよう(;''_'')
181110CA3J0257.jpg
とりあえずこのまま様子見です。


そしてこれも調子悪かったリト、茶色の微紋玉ですが・・・
181110CA3J0264.jpg
右端から裂けてきました。
新しい葉が出てきてるのかな?花芽じゃないと思い込んでいます。


茶色の微紋玉と同じく焼けて傷だらけの黄色い微紋玉は静かに元気。
181110CA3J0263.jpg
黄微紋玉と一緒に植えてる茶色のグラウディナエも調子良さそう。
でも、連れの紅グラウディナエが天に召されたので少し寂しそう。


意外と元気にしてる名無し寄せ鉢(でも右の小さな2頭立ては朝貢玉)
181110CA3J0265.jpg
左に写ってるサボテンは根出しに失敗したスルコレブチア。


絶徒長の紫李夫人。それでも花芽上がってきた~♪
181110CA3J0267.jpg
↑白いリト、ボルキーの花芽は咲かずに終わりました。また来年挑戦やね。


連山。花はまだ見てません。いつ見られるかな~。
181110CA3J0280.jpg
ところでこの苗の名札は「連山」ですが・・・
何となく亀甲なんちゃらという雰囲気ですねぇ。もっと大きく育ったらなんか見えてくるのかも?そして何年先の話かな、そしてそんな日は来るのか(笑)


コンテントヘッダー

今日のブルゲリ・魔玉・リトープス

小さなブルゲリは初挑戦中で、ちょっとした変化が良いのか悪いのかどっちでもないのか分かりません。どきどき緊張を保ちつつ眺めています。
181100CA3J0015.jpg
コレはもう死亡してるように見える姿です。明らか縮んだーーー。


小さな魔玉。先日大きい方の魔玉の花芽を載せました。こちらはまだですね。
181100CA3J0039.jpg
右下に挿してるコノフィツム(折鶴)は発根したのに水不足?もうダメかも。

参考)去年(2017)、11/07の様子 ・・・折鶴は挿したばかりです。
171107CA3J0909.jpg



ディウティーナC260
181100CA3J0002.jpg

参考)去年(2017)、11/11の様子 ・・・黄花ですね~。
171111CA3J0138.jpg


ディウティーナの横で李夫人が花を咲かせようとしてます。・・・白花ですね。
181100CA3J0006.jpg

追記)咲きました。今シーズン初の開花です。
181100CA3J0082.jpg
181108CA3J0083.jpg

参考)去年(2017) 11/17の様子
171117CA3J0353.jpg
↑この見切れているベージュ色のリトは今年(2018)の夏に溶けました。


李夫人の横には・・・酷い徒長のサトースバイオレット
181100CA3J0004.jpg

参考) 去年(2017) 9/5の様子
170905CA3J0361.jpg

サトースバイオレット=紫李夫人=バッカス?
私はなんかなんとなく違う気がしています。


サトースバイオレットを買う前から、うちにいた紫李夫人↓
181100CA3J0047.jpg
春に西日が当たる暗い場所に置いていて徒長しています。西日は難しい。

参考) 去年(2017) 11/11の様子
171111CA3J0137.jpg
このリトは大きくなりません。小柄なタイプ。


日輪玉 黄色いのと茶色いの。
181100CA3J0045.jpg
181100CA3J0046.jpg
茶色いのは分頭したけど、その小さい方は調子が悪い。


雀卵玉。これも1頭消滅。もう1頭も微妙な様子。
181100CA3J0040.jpg


鳴弦玉。これは夏に調子崩したけど、復活したように見える。
181100CA3J0020.jpg


日焼けした苗を寄せ植えたもの。黄微紋玉と茶色のグラウディナエです。
181100CA3J0057.jpg
花は諦めてます。綺麗に脱皮するのを願ってます。


※今日はサボテンもアップしようと思っています。はぁ写真多いなぁ。

コンテントヘッダー

大きい苗の魔玉、花芽が上がってた


去年の狂仙会で姫カクさんとこからお持ち帰りした分頭魔玉。
今年も花芽が上がってきました♪
181100CA3J2167.jpg
どちらも花芽が見えてるから同時に咲いてる姿を見る事が出来るかも。

181100CA3J2171.jpg


2016年1月に初めて買った魔玉は、その夏に枯れました。
これは2度目の挑戦中の魔玉です。そして夏越しを2度クリアしました。
夏の水やりはかなり放置で良いという事を知った魔玉歴2年10ヵ月の私です。

※2度目の挑戦中の魔玉は同時進行(保険)で小さな苗をもうひとつ持っています。でもそれは撮り忘れました。


コンテントヘッダー

ほっと一息、帝玉とその子たち


ベランダに出てタニサボ眺める時間もなくバタバタしてました。
今日は帝玉の新しい芽を確認してホッとしました。
夏に火傷したけど危険な状態を乗り越えた今の葉はやがて世代交代?綺麗な葉がどんどん大きくなって入れ変わっていくでしょう。春に植え替えようかな。

181100CA3J2060.jpg 181100CA3J2063.jpg

この帝玉の種を先月13日に蒔きました。
まだ1ヵ月も経っていませんがかなり徒長してしまいました。
かといって光を強くしたら倒れていきます。
どうしたもんかと眺めていたら、不思議現象・・・徒長苗とは関係なく、遅れて発芽している苗に気が付きました。一緒に蒔いたのにそんなにズレますか?

181100CA3J2018.jpg

上の方に写ってる大きめの2~3苗は第一回発芽苗。徒長しています。
下の方に写ってる小さな苗は第二回発芽苗。これは徒長させたくないな。
ところでこの小さな苗、なんでしょう?
この場所は父親不明の紫帝玉エリアです。

今は亡き紫帝玉が最後の花を咲かせた時、他に咲いてる花はありませんでした。なのに種ができました。念のため蒔いたけどやっぱりヒトツも発芽せず
帝玉が自家受粉しないなら仕方ないよな~って諦めました。
なのでこの空地に、隣のエリアの帝玉×紫帝玉の徒長苗を少し引っ越しさせたんです。植えなおすために土も少し耕してしまいました。耕した土は仕切りを越えてはいないから種も越えてきてはいない・・・はずやけど・・・絶対とは言えません。この謎の発芽・・・あなたはダレ?ややこしくなってきました(笑)

うーん自家受粉するんかなぁ。
それやったら紫帝玉復活?の物語が始まるのにねぇ。
そうじゃなければ隣のエリアの帝玉(♀)×紫帝玉(♂)の苗ですね。

コンテントヘッダー

いろいろメセン10月の終わり



あと3日過ごしたら11月か・・・1年早い。
今日はおちょぼ口や小さなメセンを。

calculus カルキュラス
181020CA3J1957.jpg

メセン2鉢ならんでいます。 奥のリトは朝貢玉と瑪瑙玉。
181020CA3J1958.jpg


続いて、麗虹玉。名札にF357と書いてます。
1年以上この1号鉢で暮らしてます。
根無しでこの鉢に植えました。流石にもう発根してるかな。
181020CA3J1956.jpg
調子は良さそう。いつの間にか脱皮もしたようです。

ちなみに買った時。去年3月です。
170320CA3J0852.jpg
C300は綺麗でした。でも右の写真の鉢を買いました。お得に見えたので(笑)
それでも半年後に調子を崩し、1頭しか残っていません。



無比玉
181020CA3J1932.jpg


銀鯱  なかなか動いてくれず・・・旧皮を取ってみようか。
181020CA3J1920.jpg


銀光玉  これは3~6月以外はずっと調子悪そうに見える!
181020CA3J1919.jpg


夏に疲れたメセンを見るともう増やすのは止めようと思うのに
秋になったらどうしても「カワイイ」が復活します。

プロフィール

じゅん茶

Author:じゅん茶
2年ぶりに壁紙替えた(o^_^o)

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
検索フォーム
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ