コンテントヘッダー

待てない帝玉実生畑



今日の様子。夜に撮ったから暗い。
181210CA3J1903.jpg

浅いタッパーの中で満員状態しんどそう。何かと先送りしてたけどもう待てない。10/13に蒔いてたった2ヵ月で引っ越しです。さよならする苗も出ます。

混んでるエリア。2対目の葉は殆どが赤紫系です。
181210CA3J1905.jpg
こちら↓は殆ど緑。紫系が混ざってるのは私が隣の場所から移植したから。
181210-2CA3J1906.jpg
ちなみに12/2 (10日ほど前)の様子↓↓↓
181200CA3J1461.jpg
成長早すぎる。

というわけで泣く泣く畑を耕しました。
そして選抜隊員がコチラ↓↓↓
181210CA3J1943.jpg

緑系の帝玉。
181210CA3J1913.jpg
緑系って言うても新芽には少し赤っぽい点々が付いてるよね。

※クリックするかタップしたら画像は大きくなります。
そしてこれは紫系。
181210CA3J1912.jpg
もう少し沢山植えたかったけどなんせ不器用でうまくいかなかった。

これはミックス。というか紫系ばかりの真ん中に、ヒトツだけ緑を植えた。
181210CA3J1918.jpg

これは間引いたあとの、捨てようと思った子たち。
結局捨てられず元のタッパーに戻るという(''、'';)ゞ
181210CA3J1919.jpg

植え替えた苗を数えたらちょうど40でした。
それでも結構な数の小さな苗を捨てました。
イヤな気分になったけど・・・そのうち慣れてポイポイポイッとできるはず。

それにしても帝玉の根はとても細い。そして長い!
この植替えが原因で、いくつか枯れていくと思われますが・・・
寒いけど頑張って早く、ひとつでも多く、根付いておくれよ!頼むよ!!



今回の植替えは帝玉×紫帝玉の苗と、紫帝玉の自家受粉苗です。
別のタッパーに紫帝玉×帝玉の苗がまだ残っています。これまたいつか植え替えなアカン?年末やし・・・来年になるかも(|| ̄_ ̄)?
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

実生サボ2018.10.28


今月13日に播種したものです。2週間経ちました。
雪晃は発芽せず時間も経つので諦めかけたけどやっと発芽しました。
181020-1CA3J1940.jpg
左:大豪丸
真ん中(上):世界の図×短毛丸
真ん中(下):雪晃
右:MIX

「大豪丸」
181020CA3J1950.jpg

「世界の図×短毛丸」 集中して芽が出てる場所には好条件が有ったのか?
181020CA3J1951.jpg

「雪晃」 5つ発芽しました。そのうちのひとつは逆立ちしています。
181020CA3J1943.jpg

左:大豪丸 右:世界の図×短毛丸
181020CA3J1945.jpg

MIX  なんでしょう。さっぱり分かりませんがワクワクします。
181020CA3J1946.jpg



コンテントヘッダー

実生の試練(帝玉編)


まずはコレ、紫帝玉×帝玉です。
181020CA3J1672.jpg
タッパーに蓋をして光の当たる窓辺に置いたら真ん中あたりの苗が全滅!
10月やのに暑すぎた?眩しすぎた??でもまだ端っこのは大丈夫・・・かな?

何でそんな事をしたかと言うと双葉が徒長してるように見えたからです。
もっと光に当てねば と思ってしまいました。 あぁ~~~~


コチラは帝玉×紫帝玉
181020CA3J1674.jpg

写真には写ってない右側エリアに父親不明の紫帝玉の種を蒔いたけど、ひとつも発芽しません(当たり前か~)


この背の高さ・・・ここからどうやってあの帝玉の形になるのか・・・
181020CA3J1680 (2)
そのうちタッパーの蓋という天井にブチ当たるでしょう。
この長すぎる茎(?)は将来根になる事を祈りつつ見守ります。

帝玉
181020CA3J1631.jpgこちらも早く脱皮して綺麗なお肌になって欲しい♪




コンテントヘッダー

10/13播種、発芽しました

10/13に種を蒔いて5日経ち、今日はしっかり芽の確認ができました。
雪晃以外は全部芽が出てましたがどれも似たり寄ったりなのでひとつのタッパーだけ写真を撮りました。


紫帝玉×帝玉
181010IMG_5947.jpg

昨夜カビが出てたのでいつもの次亜塩素酸スプレーをたっぷりかけて就寝。
今夜見た感じではカビの発生は止まってる(けどまた出てくるでしょう)

181010IMG_5948.jpg
種の付近に白い何かがあります。


マクロレンズを装着して撮ってみました。逆立ちしてる種。
181010IMG_5953.jpg

根が土を見つけて潜ってる種。
181010IMG_5955.jpg

おもしろい。いいねぇ!



目を凝らした写真だけじゃ物足りないのでメタボな烏羽玉を。
181010CA3J1485.jpg
夏に多分ダニにやられたんちゃうかな~と思う。
いや、分からへんけどとにかくお肌は荒れちゃいました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 追 記 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

翌朝、帝玉×紫帝玉の方も撮ってみました。
181010CA3J1559.jpg

こちらは紫帝玉×帝玉
181010CA3J1556.jpg


サボテン達。
これは世界の図×短毛丸
181010CA3J0192.jpg

左は大豪丸  右に密集してる芽は世界の図×短毛丸(上の写真と同じ)
181010CA3J0195.jpg

雪晃はまだですがMIXもイイ感じで出てきています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 追記おわり ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーー 追 記 の 追 記 ーーーーーーーーーーーーーーーーー

播種1週間で帝玉の種はこんな感じです(10/20の様子)
181020IMG_5960.jpg

181020IMG_5961.jpg

写真2枚とも紫帝玉×帝玉です。
双葉だぁ・・・そしてこれ徒長気味?すでに?まずい?

ーーーーーーーーーーーーーーーー 追 記 の 追 記 お わ り ーーーーーーーーーーーーーーーーー



コンテントヘッダー

8ヵ月の年齢差、士童とバイエンシス



ツーショット でもピントはバイエンシスに合ってます。
181010CA3J1465.jpg

この二つの苗は8ヵ月の年齢差があります。
人間も大人になったら8ヵ月差なんて大したことないけど幼い時には目立ちます。でもこのサボテン達のサイズ差はどうでしょう(;''∀'')?


士童は今1年2ヵ月(2017年8月生まれ)
181010CA3J1461.jpg
PCなら、画像をクリックしたら結構大きな画像になります。
マクロレンズなしで撮れるサイズになりました。

バイエンシスは発芽後5ヵ月経ってわが家に来ました。
181010CA3J1459.jpg

これは2017年5月のバイエンシス。うちへ来た時です。2016年12月生まれ。
IMG_7753.jpg

私の知らない発芽~5ヵ月の取り扱いがこの差をつけたのかも。魔法?
更にこのバイエンシスの兄弟は今ごろ別の地でもっともっと大きくなってると思います。うちはスローペースですねぇ 面白いです。

冬が終わる頃、士童を植え替えようかな?一度も土を変えてないからねぇ。
バイエンシスもギュウギュウやから植え替えよう。そうしよう。

コンテントヘッダー

今日は種を蒔きました


種を蒔きたいけど容器が無い と先送りにしていました。
でも先日100均に寄る機会があったのでとうとうタッパーを買いました。
それまでは食べ終わったデザートの容器を洗って使ってました。
今回はどうせ1つじゃ足りひんし無理して中身を食べるならその値段分容器を買おうと思ったわけですが、同時にいよいよやる気になったな・・・と自分に笑ってしまいました。
因みに耐熱性のないタッパーなので熱による消毒はしません。


帝玉1輪と紫帝玉2輪咲いたのでその種を蒔きます。
写真は紫帝玉♀×帝玉♂です。あとは帝玉♀×紫帝玉♂と、父親不明の謎の種。
181010CA3J1422.jpg

タッパーをエタノールで消毒した後
ゼオライト→培養土→燻炭→赤玉土細粒の順に入れて(←けっこう適当)
181010CA3J1423.jpg

霧吹きでタップリ湿らせてから種をパラパラと・・・
181010CA3J1427.jpg
最後に
濃度200ppm,Ph:6の次亜塩素酸をかけて蓋をしました。
すぐカビると思うので暫くはカビを目がけて次亜塩素酸をかけ続けます。


これにも種を蒔いてます。この容器のサイズは上の容器の2倍です。
デザート容器を使ってた時のクセ?で結構土をギリギリまで入れてしまいました。おい!タッパーの蓋は平たんやぞ!というワケで容器をトントンして土を軽く圧縮しようとしたら表土に培養土が出てきてしまいました。
181010CA3J1394.jpg
左:大豪丸 真ん中上:世界の図×短毛丸 真ん中下:雪晃 右:MIX
これは先日、河内長野の即売会で出会った御方から戴きました。
ありがとうございます。

実生はフライレアしか生き残らない私ですが(殆どが発芽もしない)
楽しみが増えました。


コンテントヘッダー

2017年8月中旬に実生を試したその後



去年実生とやらに挑戦してみて初めて発芽した苗がまだ生き残ってます。
簡単と言われている士童、1歳と1ヵ月です。
因みに① 士童と同時期に撒いてみた他の種は発芽しませんでした。
因みに② 今年試した種(士童じゃない)は発芽したりしなかったりです。
因みに③ フライレア属はやっぱり強いね。


180910CA3J0557.jpg


定規を置いてみました。大きい苗でも直径5ミリ程度です。
180910CA3J0549.jpg

成長は遅いし日々放置してるけど時々楽しく眺めています。




 
コンテントヘッダー

ちいさなサボテン・・・妖精の試練



最近の生まれたてのサボテンたちを。

6/14播種の容器。
手前の、もじゃもじゃ生まれているのはフライレア属の虎の子
18080CA3J8924.jpg


奥のコレは 豹の子
18080CA3J8928.jpg


このひょろ長いコケシみたいなのは・・・テロカクタス属の緋冠竜のはず(笑)
その右に少し写ってるエリアの種は飛鳥です。芽は出ませんでしたね。
18080CA3J8926.jpg
このヒョロナガ緋冠竜まずいですよね。属が違うサボテンでも小さい頃は一緒に管理して大丈夫と軽く思っていました。



これは別の容器。6/30か7/1に播種。18080CA3J8912.jpg
右の楕円形の苗はフライレア属のデンシスピナ

左のにょいんと伸びたパステルカラー苗はヘキルリランポー錦なんです。
18080CA3J8913.jpg
1ヵ月でこないなる?フライレアはまだ何とかなりそうな気がするけど…


この徒長、これもうどうにもなりませんかね????



去年8/18の夜に播種。フライレア属士童です。もうすぐ1年経ちます。
18080CA3J8920.jpg
一時期ベランダデビューしたけど
暑すぎて、怖すぎたのでまた出窓へ戻ってきました。



蓋をしてるのでずっと湿っています。水は足してません。
でもたまには新鮮な?水を吸いたいかもね。
蓋を開けていったん乾かしてまた水を足してもイイのかも。


プロフィール

じゅん茶

Author:じゅん茶
2年ぶりに壁紙替えた(o^_^o)

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
検索フォーム
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ